ヤンゴン管区タニン市に最新設備の製錬所設立

tanin ミャンマーの鉱業精錬はニッケルと銅の二種類だけが精錬されていたが、ヤンゴン管区のタニン市にある精錬所の設立を行うために合弁会社を設立する計画が有り、この製錬所と合弁事業に興味のある外国投資家の参画希望者を募っている。
日本からも多くの企業が興味を持って注視している。
タニン市は鉱工業精錬で有名な地域でこの度の製錬所改修にあたりニッケル、銅の精錬以外にもアンチモニーの精錬など多種の精錬が出来る最新設備の整備を計画している。

Democracy Today 新聞