協会ご挨拶

top19

一般社団法人日本ミャンマー文化経済振興協会(JMECA)は、日本・ミャンマー連邦共和国相互の発展に寄与することを目的に設立されました。

近年、ミャンマー連邦共和国は、急速に民主化が進み、それに伴い諸外国による経済制裁が解除され人的交流も活発になりました。
そのため、欧米諸国のミャンマー進出には、目覚しいものがあります。外国資本の導入、経済特別区の設定、ビザの緩和など、世界から注目されているところであります。米国からはオバマ大統領のミャンマー訪問を初め、世界各国の首脳が訪れています。日本からは安倍総理大臣が財界人多数を同行し、ミャンマーを訪問したことは、記憶に新しい事と思います。

ミャンマーは世界でも稀なる天然資源に恵まれ、国土も日本の1.8倍近くありながら、人口は日本の半分に過ぎません。
ミャンマーの現状は、社会的インフラが未だに不十分で、産業、医療、教育、環境、文化事業等について発展途上にあります。

ミャンマー連邦共和国は、このような現状を一日も早く打破し、進歩発展のための支援、協力を欧米諸国、取り分け、日本には医療、教育支援をはじめ、インフラ整備、環境保護対策など日本の先進技術を切実に求めています。

私達は今日のミャンマーの状況に鑑み、支援、協力を推し進めるため有志を募り、一般社団法人日本ミャンマー文化経済振興会を設立し、教育、医療、生活環境、食品衛生、住居、インフラ整備やその他の基本的な支援を実施することを目的として活動しています。

当協会のメンバーは欧米で活躍した国際業務経験豊かな日本人 横溝秀直が携わる他、行政書士、放送関係者、退役パイロット、ミャンマーのリサーチ会社関係者、タイ・ミャンマー文化経済協力協会の設立メンバー理事の方たちが当協会理事として協会運営に参画しています。

また、一般社団法人日本ミャンマー文化経済振興協会はタイ王国において活動中の「タイ・ミャンマー文化経済協力協会」と姉妹協会の関係にあり、伴にミャンマー支援の協力を得られることになっています。これにより、タイ王国と周辺国からの支援体制も確立しています。

このように、民主化の進展著しいミャンマー連邦共和国と日本の関係は今後さらに密接になることと思います。
長年にわたり日本との友好関係にあるミャンマー連邦共和国の発展のため、本協会の活動にご理解、ご支援をお願いいたします。

2014年2月1日

一般社団法人日本ミャンマー文化経済振興協会

代表者理事長       横溝秀直

topimage3

はじめに
協会ご挨拶
協会の活動
ミャンマー情報
姉妹協会
会員サポート
入会規則
お問い合せ
プライバシーポリシー
SiteMap
協会概要
お知らせ
ミャンマーニュース

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]